ぜひ挑戦してみて!旅の思い出を素敵に保存する方法

押し花をいつも手元に置いておこう

旅行先を訪れると、自然に触れる機会が多いですよね。春には桜を見たり、秋には紅葉を見たり、とその季節ならではの景を求めて旅をするのは楽しいものです。地面に落ちている葉っぱや花びらを持ち帰ると、よい記念になりますよ。ティッシュ等の薄紙に葉っぱや花びらを包み、パンフレットや手帳に挟んで、折れないようにまっすぐにして持って帰りましょう。この方法で、簡単に押し花を作ることができます。数日間、挟んだままにして、自然乾燥させれば出来上がりです。出来上がった押し花は、ノートや手帳の表紙にノリやボンドで貼ると、旅の思い出をいつでも身近においておくことができます。厚紙を使って、栞を作るのも素敵です。最近では、100円均一ショップや文具店で、ラミネート加工用のシートも売っているので、シートを押し花の上から貼るとより綺麗に仕上がります。

楽しい海の思い出を飾ろう

海辺へ旅行した時に、海岸沿いで見つけた貝殻を拾ったことがある人もいるかと思います。貝殻は、おしゃれなインテリアのアイテムとしても人気で、お部屋にマリンテイストをプラスすることができます。せっかく旅行先で拾った貝殻でも、そのまま置いているだけでは、いつか捨ててしまうことになってしまいがちです。大切に思い出として残すには、身近に置いておけるアイテムに加工するといいですよ。おすすめは、フォトフレームです。100円均一ショップなどで売っている、シンプルな縁のフォトフレームとボンド、そして貝殻を用意し、縁に貝殻を貼り付ければ、オリジナルのフォトフレームができます。貝殻が少ししかない時は、隅の方に貝殻を貼るだけでも素敵なアクセントになります。旅行先で撮ったお気に入りの1枚を入れて飾ると、いいですよ。

タビマスターズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です