思い立ったらすぐ行ける車中泊の旅はいかが

車中泊の駐車場増加中

急に旅行に行こうと思い立ったけれども、電車や飛行機の切符も取れないし、宿泊施設の確保もできずという時、最近、巷で流行っているという、車中泊の旅はいかがでしょうか。キャンピングカー用のRVパークという宿泊駐車場は、普通の車でも泊まることができ、予約不要のところがほとんどです。概ね有料ですが、オートキャンプ場に宿泊するよりははるかに安い価格設定になっていて、24時間トイレが使えたり、電源が使えるなどが最低整っています。一般の駐車場より1台あたりの駐車スペースを広くとってあっるので、外にテーブルや椅子をおいたりすることもできます。ただし、調理はできません。道の駅や日帰り温泉施設、リゾート施設などの駐車場に併設されているものもあり、その場合は、それぞれの施設を利用することができます。

質のよい睡眠を確保する

自由気ままに楽しめる車中泊の旅のポイントは、いかに質のいい睡眠を確保するかということです。キャンピングカーのように寝るための設備のない車では、平らで身体をのばせるベッドづくりが大切です。シートを倒してできるだけフラットにしても、一般の車では平らという状態にはなかなかなりません。事前に準備する余裕があれば車に敷き詰められる板などがあると、その上に空気で膨らませるマットや折り畳み式のマットなどを敷けばほぼ完璧です。板がなくても、下の凸凹を吸収してくれるエアマットなども出ています。ただし、エアマットはふくらませたり、しまったりするのに、時間がかかるという欠点があります。もちろん口で空気を入れることはとても無理なので、専用の、できれば電動の空気入れが必要になります。

タビマスターズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です