今年はどこに行く!夏休みのおすすめ家族旅行

旅行プランを決める前に注意しておきたいポイント

まとまった休みを取ることができる夏休み、心もウキウキしてきますね。そんな夏休みですから、家族旅行を計画している人もいるのではないでしょうか。実は旅行を計画する際に注意して欲しいポイントがありますので、まだ旅行の計画が決まっていない人は、参考にしてみてください。まず、国内旅行のアンケート結果で一番の不満点は、『ホテルの質が悪かった』ということです。家族旅行ですから、人数も多く予算の面で宿泊費用を抑えてしまうことをかんがえてしまうかもしれませんが、この点に注意が必要です。次の不満点は、『料理の質が悪かった』というもの、その次の不満点は、『旅行の予算オーバー』ということで、思案のしどころなのは、宿泊先のグレードをキープしつつ予算内に収まるように計画するということになるようです。最低限、宿泊先の口コミ情報を収集して、納得がいくものかどうか確認した方がいいでしょう。

おすすめの国内人気スポット

家族で大切な思い出を作る夏休みの家族旅行ですから、どこに旅行するか決めかねている人もいるかもしれません。そこで人気のスポットをまとめておきます。北陸は2015年3月から金沢と東京間の新幹線開通で2時間少々で行けるようになりました。また新型車両でゆったりと旅を満喫できます。北陸には温泉や数々の山々もあり涼しい場所で夏休みを楽しめると思います。次に北海道旅行です。2016年3月26日に新青森と新函館間で開業しました。また暑い季節は、涼しいところに行きたいものですね。雄大な大自然も満喫したいということであれば、おすすめです。他にも多くの人気スポットがあるのですが、口コミなど調べて、素敵な家族旅行を計画してみてくださいね。

ホームエクスチェンジ

思い立ったらすぐ行ける車中泊の旅はいかが

車中泊の駐車場増加中

急に旅行に行こうと思い立ったけれども、電車や飛行機の切符も取れないし、宿泊施設の確保もできずという時、最近、巷で流行っているという、車中泊の旅はいかがでしょうか。キャンピングカー用のRVパークという宿泊駐車場は、普通の車でも泊まることができ、予約不要のところがほとんどです。概ね有料ですが、オートキャンプ場に宿泊するよりははるかに安い価格設定になっていて、24時間トイレが使えたり、電源が使えるなどが最低整っています。一般の駐車場より1台あたりの駐車スペースを広くとってあっるので、外にテーブルや椅子をおいたりすることもできます。ただし、調理はできません。道の駅や日帰り温泉施設、リゾート施設などの駐車場に併設されているものもあり、その場合は、それぞれの施設を利用することができます。

質のよい睡眠を確保する

自由気ままに楽しめる車中泊の旅のポイントは、いかに質のいい睡眠を確保するかということです。キャンピングカーのように寝るための設備のない車では、平らで身体をのばせるベッドづくりが大切です。シートを倒してできるだけフラットにしても、一般の車では平らという状態にはなかなかなりません。事前に準備する余裕があれば車に敷き詰められる板などがあると、その上に空気で膨らませるマットや折り畳み式のマットなどを敷けばほぼ完璧です。板がなくても、下の凸凹を吸収してくれるエアマットなども出ています。ただし、エアマットはふくらませたり、しまったりするのに、時間がかかるという欠点があります。もちろん口で空気を入れることはとても無理なので、専用の、できれば電動の空気入れが必要になります。

タビマスターズ

宿泊代タダの格安旅行!車中泊で道の駅巡り

準備から楽しい!車中泊の魅力

車中泊って、なんだかわくわくしますよね。狭い車内に自分の好きなものを集めて積んで寝泊まりして過ごす…秘密基地を作った子供の頃を思い出します。どうすれば、快適に過ごせる空間にできるか考えるのも楽しいですよね。まずは外から見えないようにするための遮光カーテンをつけ(安く済ませたい場合は、見た目は劣りますがアルミ発砲断熱シートを窓に合わせてカットしてはめると代用できます。)、後部座席を倒して、快眠するためのふかふかの布団を敷き、ランプ(電球タイプが安全です)でぼんやりと車内を照らし、小さなテーブルを持ち込んでご飯を食べたり、トランプしたり…想像するだけでウキウキしますよね。起きたらすぐに出発できるのも魅力です。海の側の車中泊できる公園や道の駅に車中泊すると、朝起きて車のドアを開けた途端、美しく輝く水面が見え、さわやかな海風を感じることができ、とてもさわやかな気分で一日をスタートできます。

二度おいしい!車中泊

車中泊をすると、基本宿泊費が無料です。(場所によっては車中泊を禁止していたり、車中泊代がかかる駐車場もあります)浮いた分の宿泊費を各地の道の駅で、特産品を食べる、お土産を買うなどに充てることが出来ます。旅館やホテルに泊まると一泊一万円程だとすると、その分でご当地高級牛肉や、うに丼など、普段食べられない高級グルメを食べてみるのもいいですよね。車中泊自体楽しいのに、おいしいグルメまで食べられるなんて二度おいしいですね!注意点としては、女性が夜にトイレに行くなどで車から降りるときは、出来るだけ男性に付き添ってもらうなど、一人で行動しないようにしましょう。また、小さめの車での車中泊での連泊は体調を崩す恐れがあるので、途中でホテルや旅館に泊まる日を作るなど、無理なく車中泊を楽しみましょう。

キャンピングカー

初めての海外旅行!楽しく旅するためのポイントが知りたい!

海外旅行は不安がいっぱい…

友人同士で海外旅行に行くことが決まり、楽しみな気持ちとともに不安もいっぱいという方も多いのではないでしょうか。海外旅行で不安を感じる部分として、場所によっては日本語が全く通じなかったり、食べ物が合うのかどうかやその国でのマナーやルールなどの問題もありますよね。友人同士の場合、どちらかが海外旅行の経験があれば安心出来る部分がありますが、経験者がひとりもいない場合はやはり不安という気持ちの方が大きくなってしまうことがあります。初めての海外旅行で不安を感じずに楽しむためのポイントとしてまず挙げられるのが、旅行先として日本人旅行者が多く治安の良い場所を選ぶという点です。そういった場所であれば多くの場所で日本語が通じるので安心ですよ。

初めての海外旅行ならツアーがおすすめ!

もう一つは個人旅行ではなく海外旅行ツアーに参加するという点です。初めての海外旅行にツアーを選ぶメリットとして、ホテルやチケットの手配などをすべて旅行社に任せられるという点が挙げられます。また、短い日数で観光地を回る場合は、計画的に動かないと移動にほとんどの時間を取られてしまうことがありますし、初めての場合はどこを見ておくべきなのかわからない場合があります。しかし、ほとんどの海外旅行ツアーは日本語のわかる添乗員が付くので、効率良く観光地を回ることが出来ます。同じ行き先でも旅行社によって料金や日程、ホテルのランクなどがそれぞれ異なるので、よく比較した上で自分に合った海外旅行ツアーを選んでみてはいかがでしょうか。

旅行ガイドブック

イタリアへ行ったらぜひ訪れてみたい、世界遺産の村「チンクエ・テッレ」

「チンクエ・テッレ」とはどんな所!?

遺跡や美術館、そして豊かな自然と沢山の見どころや観光スポットが目白押しのイタリアですが、その中でも最近特に人気が高まってきているのが、「チンクエ・テッレ(Cinque Terre)」。イタリア語で「5つの土地」を意味するこの地方は、北イタリア・リグーリア海岸の険しい断崖に位置する5つの村々からなります。1997年に世界遺産に登録されたことから注目を浴びるようになりましたが、それまでは交通機関もほとんどなく断絶され、海から船でアクセスするしかない陸の孤島でした。現在では電車が通って村までいけるようになりましたが、他の観光地からのアクセスがあまりよくないので日本から訪れる人はまだ少ないようです。チンクエ・テッレへは唯一の交通機関である電車を利用するほか、船で海から村を観光する周遊船も人気があります。

5つの村それぞれが魅力あふれるチンクエ・テッレへ!

チンクエ・テッレの魅力は、リグーリアの美しい海岸の風景と、海岸の崖の中に立ち並ぶカラフルで絵本のような家々の織り成す景観にあります。そしてリオ・マッジョーレをはじめとするチンクエ・テッレの5つの村にはそれぞれ独自の特徴や魅力があり、それも訪れる人を魅了するポイントとなっています。電車が開通する以前は、陸路から村々をつなぐのは崖の中の細い小道しかありませんでしたが、現在ではこの小道はトレッキングコースとして人気があります。中でもリオ・マッジョーレからマナローラへの約1kmの道は「愛の小道」として人気のスポットとなっていて、カップルが多く訪れる場所として知られています(2016年時点では一部閉鎖中)。そのほか、「シャケトラ(Sciacchetra’)」と呼ばれるこの地方独自のワインなどチンクエ・テッレにはグルメも豊富!まだ日本ではあまり知られていないチンクエ・テッレ。ぜひ一度訪れてみることをオススメします。

世界旅行博

日本にも信じられない世界が!旅行しよう!

日本の何処かへ旅行するなら!

日本の何処かに旅行しに行きたいと考えている、そこの奥様!もしくはお父さん!海外を検討しているならばちょっと待って下さい!といきなり図々しい事を言ってしまいますが、海外も有りです。しかし、日本全国にも色んな歴史があります。大阪であれ、京都であれ、北海道でも沖縄でも、国は国です。国であるという事は歴史があります。どの都道府県、すべての場所に何か素晴らしいものがあります。海外は言葉を覚えなければならない、異文化に触れる事と、全く違う世界に足を踏み入れる事になりますから、実はリスクがかなり大きいのですね。日本全国の多くは「日本の文化、日本の常識」がありますから、馴染みやすいところがあります。海外に否定はないですが、日本国内もオススメです。

日本全国にイワクもあれば良い面もある。

日本国内、日本全国どこでも歴史がありますが、イワクもあります。「恐いもの見たさ」という興味、欲求は人間だれしもあります。たまには肝試しをしてみるのも、観光や旅行をするにあたって、一種の楽しみになる事でしょう。イワクも時には楽しいスリルになりますから、ほどほどのスリルは必要でしょう。どの市町村にも必ず歴史とイワクはあります。良い面と良くはない面の両方を見ていくとあたらしい発見がありますから、オススメしたいですね。「深入りは禁物」です。理解するあたりがちょうど良いのですね。東京は実はホラーがたくさんあります。有名な東京タワーもそうですが、東京都内は色んな話があります。夏は熱いですから、肝試しはクールダウンになります。

余暇

景色が最大の魅力になっている!?電車で行う旅行

変わる景色を見ることができる

電車を利用した旅行を行えば、想い出に残る旅とすることができます。電車は、周りの景色をゆったりとした気分で眺めながら乗っていることができます。旅行地に行くまでに様々な景色を見ることができ、その美しさに感動できるようになるのです。電車に乗っていることで、都市部から田舎の田園風景、自然なままの海や川まで見ることができ、感動できるでしょう。また、電車の旅では、同じく乗っている人たちと交流を深めることもできます。地元の人に話を聞くことで、思いがけない観光地を知ることができたり、同じ旅行者と情報の交換を行えるようになるのです。人と触れ合いを持つことにより、広い視点でものを考えることが可能になってくるでしょう。

寝台特急に乗ってみよう

電車は、一般車両の他に寝台特急も存在しているので、ゴージャスな旅を楽しむことができます。寝台特急は、それぞれに特徴を持っており、快適に旅が行えるような配慮がなされています。まず、車内にはそれぞれに個室が用意されているので、泊まるときにもプライバシーを確保することができるのです。個室が用意されていれば、家族や友人、恋人と泊まるときにも他の人に邪魔されてしまうことはありませんね。また、車両によって、豪華な家具を設置していたり、木材を使ったインテリアなど特徴もあるため、快適な状態で過ごしていくことができます。直接観光地を見てまわることがなくても、寝台特急に乗っているだけで楽しい旅行を楽しめるでしょう。

放浪

準備が大切!旅を楽しいものにする情報の下調べ

グルメの料理店情報を旅行前に確認

旅行を最大限に楽しむには事前の準備が欠かせません。旅行先で事前にチェックしておきたいのが、どのような料理店があるのかですね。旅行の楽しみで欠かせないのがグルメです。旅行先には現地ならではのグルメを楽しむ事ができます。しかしお店によっては、あまり目立たないような場所にあることも多く、いざ探してみたものの見つからないという失敗が珍しくありませんね。事前にお店の場所やメニューの内容などを確認すれば、旅行の時間を無駄にしなくて済むでしょう。ただし限られた旅行のスケジュールの中で、気になるお店を全て巡るというのは現実的に難しいです。そこで優先順位をつけて、厳選してお店を選ぶのが旅行がうまくいくコツです。

旅行先の交通機関は事前のチェックが大切

旅行では交通機関を利用して移動を行う事になるでしょう。そこで旅行に出掛ける前に、駅などの場所や運行状況などを下調べすると旅先での移動がスムーズにできますね。鉄道の路線図を確認していると、旅行先での行きたい場所にすぐに足を運べますよ。また料金表も確認しておけば、交通費がいくら移動のために掛かるのかがよく分かります。旅行先ではタクシーを使う事もあるため、現地ではどの程度の料金相場であるのか確認を済ませておくと安心でしょう。タクシーの運転手は現地の観光やグルメの情報を良く知っているため、利用してみる価値があります。観光産業が盛んな旅行先であれば、タクシーの運転手が観光案内を行ってくれるかもしれませんね。

バカンス

荷物を窮屈にしない為に!着替えで持ってゆく衣服の調整方法とは?

今なら旅行先で洗濯出来る施設は幾らでもある!

特に汗を大量にかき易い夏場や衣服を汚す可能性の極めて高いアウトドアレジャーを始め、旅行に出来るだけ多くの着替えを持って行き安心したいという気持ちは良く分かります。ですがそれも度を超すと替えの衣服だけで他のスペースを圧迫してしまい、荷物がパンパンになってしまいますよね。そこまで神経質にならなくとも大丈夫。今や大抵の宿泊施設にはコインランドリーが併設されていますし、旅行先の街中にも安価なコインランドリー施設は幾らでも見付かるでしょう。これらを上手く活用すれば、持ってゆく着替えを最小限で済ませる事が出来るもの。また最近のコインランドリーは靴専用の洗濯機を備えているケースも多く、それらを上手く活用すれば旅先で靴が汚れてしまった時でも安心ですよね。

汚れ易い下着は最悪現地で購入するという手も・・

それでも旅先のエリアで思う様にコインランドリーが見付からず、特に汚れ易い下着の替えが底を尽きそうで心配というケースも出てくるでしょう。そんな時は無理をせず、旅の道中にコンビニエンストアがあれば迷わず入店し、そこで替えの下着を数セット追加購入してしまうという方法もあるのです。コンビニの下着は安価ですから財布も痛みませんよね。また地方の郊外には大手の大衆向けアパレルブランドの大型店舗が出店しているケースも結構あり、気付いたらそれらを利用し下着をまとめ買いしてゆくという手もあります。もちろんこれらの方法には車やバイクといった自由な交通手段を持ち合わせている事が条件。鉄道やバスを利用する旅行なら、予め不足しそうな下着の数量を早めに見積もっておき、旅の拠点となる都市のコンビニで手早く調達してしまうのがベストでしょう。

旅芸人

一時を他の土地で過ごす…そんな旅行へ出掛けよう!

旅行と言ってもいろいろある!

一概に旅行と言っても目的や動機、移動手段なども含めると様々な旅行があります。修学旅行や商用旅行、慰安旅行や研修旅行など、目的のために行う旅行もあれば、新婚旅行や卒業旅行、傷心旅行など行事や動機として行う旅行もあります。徒歩、自転車、オートバイ、ヒッチハイクなど旅の移動手段は様々です。自動車で行く旅、鉄道旅行、船旅…数えたらキリがないほど旅行の種類は豊富だと言えるでしょう。旅の目的はバカンスだったり、自分探しの旅であったり、旅は人それぞれにあるものです。知らない土地や遠く離れた地域へ旅行することは、とても楽しいものです。そして快適な旅を行うためにはそれなりの準備が必要となりますが、私物を旅行先で失くしてしまったり、置き忘れてしまうこともよくあることです。中でも最も気を付けなければならないことは、お金ではないでしょうか。お金がなければ宿賃も払えませんし、旅行を続けることもできなくなるでしょう。現金だけでなく、クレジットカードなども失くさないように厳重に管理するように心掛けたいものです。

旅行することでプラスになること!

美しい砂浜のある海に出かける人もいれば、澄んだ空気を求めて山登りに行く人もいます。有名な観光スポットで景色を楽しんだり、お土産を買ったりするのも、旅行の醍醐味と言えるでしょう。旅行に行く準備の段階から、楽しみで楽しみで仕方がないという人は多いはずです。旅行は楽しいだけではなく、人生の勉強にもなります。旅行することで得られることは、ストレス発散、文化交流、人との出会いなどが挙げられます。旅行をすればするほど、いろいろな経験を得ることができるでしょう。旅行をするにはまずは資金集めです。旅行にはお金がかかりますから、金銭面においても余裕がなければできません。そういった意味でも旅行は最高の贅沢と言っても過言ではないでしょう。

観光協会