荷物を窮屈にしない為に!着替えで持ってゆく衣服の調整方法とは?

今なら旅行先で洗濯出来る施設は幾らでもある!

特に汗を大量にかき易い夏場や衣服を汚す可能性の極めて高いアウトドアレジャーを始め、旅行に出来るだけ多くの着替えを持って行き安心したいという気持ちは良く分かります。ですがそれも度を超すと替えの衣服だけで他のスペースを圧迫してしまい、荷物がパンパンになってしまいますよね。そこまで神経質にならなくとも大丈夫。今や大抵の宿泊施設にはコインランドリーが併設されていますし、旅行先の街中にも安価なコインランドリー施設は幾らでも見付かるでしょう。これらを上手く活用すれば、持ってゆく着替えを最小限で済ませる事が出来るもの。また最近のコインランドリーは靴専用の洗濯機を備えているケースも多く、それらを上手く活用すれば旅先で靴が汚れてしまった時でも安心ですよね。

汚れ易い下着は最悪現地で購入するという手も・・

それでも旅先のエリアで思う様にコインランドリーが見付からず、特に汚れ易い下着の替えが底を尽きそうで心配というケースも出てくるでしょう。そんな時は無理をせず、旅の道中にコンビニエンストアがあれば迷わず入店し、そこで替えの下着を数セット追加購入してしまうという方法もあるのです。コンビニの下着は安価ですから財布も痛みませんよね。また地方の郊外には大手の大衆向けアパレルブランドの大型店舗が出店しているケースも結構あり、気付いたらそれらを利用し下着をまとめ買いしてゆくという手もあります。もちろんこれらの方法には車やバイクといった自由な交通手段を持ち合わせている事が条件。鉄道やバスを利用する旅行なら、予め不足しそうな下着の数量を早めに見積もっておき、旅の拠点となる都市のコンビニで手早く調達してしまうのがベストでしょう。

旅芸人

一時を他の土地で過ごす…そんな旅行へ出掛けよう!

旅行と言ってもいろいろある!

一概に旅行と言っても目的や動機、移動手段なども含めると様々な旅行があります。修学旅行や商用旅行、慰安旅行や研修旅行など、目的のために行う旅行もあれば、新婚旅行や卒業旅行、傷心旅行など行事や動機として行う旅行もあります。徒歩、自転車、オートバイ、ヒッチハイクなど旅の移動手段は様々です。自動車で行く旅、鉄道旅行、船旅…数えたらキリがないほど旅行の種類は豊富だと言えるでしょう。旅の目的はバカンスだったり、自分探しの旅であったり、旅は人それぞれにあるものです。知らない土地や遠く離れた地域へ旅行することは、とても楽しいものです。そして快適な旅を行うためにはそれなりの準備が必要となりますが、私物を旅行先で失くしてしまったり、置き忘れてしまうこともよくあることです。中でも最も気を付けなければならないことは、お金ではないでしょうか。お金がなければ宿賃も払えませんし、旅行を続けることもできなくなるでしょう。現金だけでなく、クレジットカードなども失くさないように厳重に管理するように心掛けたいものです。

旅行することでプラスになること!

美しい砂浜のある海に出かける人もいれば、澄んだ空気を求めて山登りに行く人もいます。有名な観光スポットで景色を楽しんだり、お土産を買ったりするのも、旅行の醍醐味と言えるでしょう。旅行に行く準備の段階から、楽しみで楽しみで仕方がないという人は多いはずです。旅行は楽しいだけではなく、人生の勉強にもなります。旅行することで得られることは、ストレス発散、文化交流、人との出会いなどが挙げられます。旅行をすればするほど、いろいろな経験を得ることができるでしょう。旅行をするにはまずは資金集めです。旅行にはお金がかかりますから、金銭面においても余裕がなければできません。そういった意味でも旅行は最高の贅沢と言っても過言ではないでしょう。

観光協会

意外と知られていない!沖縄の穴場スポット

隠れ家のような新原ビーチ

沖縄と言ったらやっぱり海ですよね。シーズン中はどこに行っても人が多く、せっかく沖縄に来たのに思いっきり楽しめなかったという方も多いのではないでしょうか。那覇空港より車で40分、南城市玉城百名にある新原(みーばる)ビーチは、そんな方におすすめしたい隠れ家的スポットです。地元の人しか知らないのではと言われるビーチで波も比較的穏やか、子連れでも安心して楽しむことができます。大きな岩が所々にあり、まさに沖縄のビーチという場所です。バナナボートやマリンジェットなどのマリンスポーツは夏場、海の中を観察できるグラスボートは1年中楽しめます。カクレクマノミやチョウチョウウオなど、沖縄ならではの色鮮やかな魚を観ることができ、予約は必要ありません。

パワースポットとして知られる大石林山

沖縄に山なんてあるの?と思いますよね、実はあるんです。沖縄の魅力は海だけではありません。沖縄本島北部の国頭村字辺戸にあり、琉球最古・最大の聖地である安須杜と呼ばれる山々を散策できるスポットです。全長1,000mの巨石・石林感動コースと亜熱帯コース、全長700mの美ら海展望台コース、全長600mのバリアフリーコースの4つの散策コースがあり、どのコースも30分程で回ることができます。木のスロープで道幅が3mと広く、子どもや高齢者、車いすの方でも安心して利用できるバリアフリーな作りです。3回くぐると新しく生まれ変わる輪廻生まれ変わりの石や、骨盤の形をしていて触れることで体調を整える骨盤石などがあります。子宝に恵まれない方は骨盤石に触れた後、生まれ変わり石を3回くぐると子宝に恵まれると言われています。沖縄北部は美ら海水族館やビーチなどに行きがちですが、大石林山もおすすめですよ。

旅行

一人旅がしたい!初めてでも快適に旅行するには?

ツアーなら一人旅でも安心!

旅行が好きという方の中には、一人旅がしてみたいと考えている方もいらっしゃると思います。仲の良い友人同士で行く旅行も楽しいものですが、のんびりと買い物やおいしい物を食べたり、エステでリラックスなど一人で楽しむ旅行に憧れている方も多いのではないでしょうか。しかし、一人旅をするのが初めてで、しかも旅行先が訪れたことが無い海外だと何かと不安ですよね。また、一人旅だと何から何までやらなければならないので大変です。そこでおすすめなのが一人旅のツアーに参加する方法です。ツアーならホテルやチケットの手配はもちろん、観光地めぐりの最適なプランも立ててもらえるので、国内外問わず安心して快適に一人旅を楽しむことが出来ますよ。

一人旅ツアー選びの注意点と探し方

一人旅のツアーには、一人で参加OKの一般の旅行ツアーに参加する方法と、一人旅専用ツアーに参加する方法があります。前者は基本2名で一部屋の利用になっている場合が多く、一人で参加の場合は費用が高く付く場合があるので注意が必要です。後者は一人だからと言って料金が割高になるということがありませんし、ツアー客全員が一人参加という安心感もありますし、ツアー参加をきっかけに交流が始まることもありますよ。また、同じ行き先の一人旅ツアーでも、旅行社によって日程や料金やツアー内容が異なりますので、出来るだけ多くの旅行社の一人旅ツアーを比較して、最適な一人旅ツアーを選ぶようにするのがおすすめです。探す際には一人旅ツアーの検索サイトを利用すると便利ですよ。

観光

意外と簡単にできる?海外個人旅行で自由な旅を!

個人旅行は自由な旅ができる!

ツアーで行く海外旅行は添乗員さんもついていて、旅行中安心していられるところが良いですよね。ただ、自分の好きなところを巡りたいとか、時間の制約を気にせずじっくり一つ一つの観光地を回りたいという人には、自由度が高い個人旅行がおススメになります。初めて海外個人旅行をする場合、いろいろ分からないことも多いでしょうが、最近では旅行会社も個人旅行向けのアドバイスをしてくれる場合が多く、意外と気楽に個人旅行できます。海外に行く場合、まず考えなければならないのは飛行機のチケットの手配ですが、目的地と希望の日程を伝えれば旅行会社が候補となる便を紹介してくれます。また、インターネットを使って直接航空会社から購入することもできますよ。

宿泊ホテルの手配さえしておけば安心!

航空券さえ手配してしまえば、あとは宿泊先の確保です。個人旅行に慣れない人では、基本的にホテルは日本で予約しておくほうが安心ですよ。旅行会社にお願いすれば希望に沿ったホテルを紹介してくれます。最近では、世界中のホテルを予約できるサイトがあり自分で調べて予約する方法もあります。海外のホテルは、星の数で表したグレードがついていることがほとんどなので、それを参考にすると良いでしょう。また、インターネットの地図サイトを利用して、ホテルの位置を確認すると大体の雰囲気をつかむこともできますよ。航空券とホテルを確保すれば、大抵の場合困ることはないです。あとは自分の行きたいところに応じて、現地での移動手段の確認や、必要があれば鉄道チケットの予約などすると良いでしょう。

タビマスターズ

旅行先で困らないための備え!簡単でも効果が大きな準備

旅先での天候の変化に雨具が活躍

旅行先では何が起きるか分かりません。どのような事が起こっても対処ができるよう、必要最小限の備えは必要でしょう。旅行先に必ず持っていきたいのが雨具ですね。場所や季節によっては、急速に天候が変化するといったことは珍しくありません。さっきまで晴れていたのに、急に雨が降るといった経験を持つ人もいるでしょう。旅行先ですぐに雨具が見つかるとは限りません。雨でずぶぬれになってしまうと旅行どころではないですね。そのため折り畳みの傘やあるいはレインウェアは、カバンに入れておけば安心です。晴れているからと過信せず、雨具は旅行先で必ずいつでも持ち歩くよう心掛けたいです。最近ではコンパクトでかさばらない雨具の製品が増えているため、荷物が邪魔になりません。

情報収集がはかどるグッズを旅行で持参

旅行先では現地の情報を収集する手段が限られます。そこで情報収集の手段を旅行先でも確保できるよう準備すると、旅行先での行動に何らかの手掛かりが得られますね。手軽な情報収集アイテムとして活用できるはラジオでしょう。ラジオは安価でしかも入手が簡単です。旅行先でFM局が開設されていれば、現地情報を知る手掛かりになります。観光地であれば旅行先の役立つお得な現地情報も、ラジオから得られるかもしれません。またスマートフォンも旅行先の情報収集に活躍してくれるでしょう。旅行についての調べ物はインターネットが便利です。旅先でのショッピングスポットやグルメスポットも、スマートフォンから検索すると詳しい情報を手に入れられます。

旅行写真

ぜひ挑戦してみて!旅の思い出を素敵に保存する方法

押し花をいつも手元に置いておこう

旅行先を訪れると、自然に触れる機会が多いですよね。春には桜を見たり、秋には紅葉を見たり、とその季節ならではの景を求めて旅をするのは楽しいものです。地面に落ちている葉っぱや花びらを持ち帰ると、よい記念になりますよ。ティッシュ等の薄紙に葉っぱや花びらを包み、パンフレットや手帳に挟んで、折れないようにまっすぐにして持って帰りましょう。この方法で、簡単に押し花を作ることができます。数日間、挟んだままにして、自然乾燥させれば出来上がりです。出来上がった押し花は、ノートや手帳の表紙にノリやボンドで貼ると、旅の思い出をいつでも身近においておくことができます。厚紙を使って、栞を作るのも素敵です。最近では、100円均一ショップや文具店で、ラミネート加工用のシートも売っているので、シートを押し花の上から貼るとより綺麗に仕上がります。

楽しい海の思い出を飾ろう

海辺へ旅行した時に、海岸沿いで見つけた貝殻を拾ったことがある人もいるかと思います。貝殻は、おしゃれなインテリアのアイテムとしても人気で、お部屋にマリンテイストをプラスすることができます。せっかく旅行先で拾った貝殻でも、そのまま置いているだけでは、いつか捨ててしまうことになってしまいがちです。大切に思い出として残すには、身近に置いておけるアイテムに加工するといいですよ。おすすめは、フォトフレームです。100円均一ショップなどで売っている、シンプルな縁のフォトフレームとボンド、そして貝殻を用意し、縁に貝殻を貼り付ければ、オリジナルのフォトフレームができます。貝殻が少ししかない時は、隅の方に貝殻を貼るだけでも素敵なアクセントになります。旅行先で撮ったお気に入りの1枚を入れて飾ると、いいですよ。

タビマスターズ

今年はどこに行く!夏休みのおすすめ家族旅行

旅行プランを決める前に注意しておきたいポイント

まとまった休みを取ることができる夏休み、心もウキウキしてきますね。そんな夏休みですから、家族旅行を計画している人もいるのではないでしょうか。実は旅行を計画する際に注意して欲しいポイントがありますので、まだ旅行の計画が決まっていない人は、参考にしてみてください。まず、国内旅行のアンケート結果で一番の不満点は、『ホテルの質が悪かった』ということです。家族旅行ですから、人数も多く予算の面で宿泊費用を抑えてしまうことをかんがえてしまうかもしれませんが、この点に注意が必要です。次の不満点は、『料理の質が悪かった』というもの、その次の不満点は、『旅行の予算オーバー』ということで、思案のしどころなのは、宿泊先のグレードをキープしつつ予算内に収まるように計画するということになるようです。最低限、宿泊先の口コミ情報を収集して、納得がいくものかどうか確認した方がいいでしょう。

おすすめの国内人気スポット

家族で大切な思い出を作る夏休みの家族旅行ですから、どこに旅行するか決めかねている人もいるかもしれません。そこで人気のスポットをまとめておきます。北陸は2015年3月から金沢と東京間の新幹線開通で2時間少々で行けるようになりました。また新型車両でゆったりと旅を満喫できます。北陸には温泉や数々の山々もあり涼しい場所で夏休みを楽しめると思います。次に北海道旅行です。2016年3月26日に新青森と新函館間で開業しました。また暑い季節は、涼しいところに行きたいものですね。雄大な大自然も満喫したいということであれば、おすすめです。他にも多くの人気スポットがあるのですが、口コミなど調べて、素敵な家族旅行を計画してみてくださいね。

ホームエクスチェンジ

思い立ったらすぐ行ける車中泊の旅はいかが

車中泊の駐車場増加中

急に旅行に行こうと思い立ったけれども、電車や飛行機の切符も取れないし、宿泊施設の確保もできずという時、最近、巷で流行っているという、車中泊の旅はいかがでしょうか。キャンピングカー用のRVパークという宿泊駐車場は、普通の車でも泊まることができ、予約不要のところがほとんどです。概ね有料ですが、オートキャンプ場に宿泊するよりははるかに安い価格設定になっていて、24時間トイレが使えたり、電源が使えるなどが最低整っています。一般の駐車場より1台あたりの駐車スペースを広くとってあっるので、外にテーブルや椅子をおいたりすることもできます。ただし、調理はできません。道の駅や日帰り温泉施設、リゾート施設などの駐車場に併設されているものもあり、その場合は、それぞれの施設を利用することができます。

質のよい睡眠を確保する

自由気ままに楽しめる車中泊の旅のポイントは、いかに質のいい睡眠を確保するかということです。キャンピングカーのように寝るための設備のない車では、平らで身体をのばせるベッドづくりが大切です。シートを倒してできるだけフラットにしても、一般の車では平らという状態にはなかなかなりません。事前に準備する余裕があれば車に敷き詰められる板などがあると、その上に空気で膨らませるマットや折り畳み式のマットなどを敷けばほぼ完璧です。板がなくても、下の凸凹を吸収してくれるエアマットなども出ています。ただし、エアマットはふくらませたり、しまったりするのに、時間がかかるという欠点があります。もちろん口で空気を入れることはとても無理なので、専用の、できれば電動の空気入れが必要になります。

タビマスターズ

宿泊代タダの格安旅行!車中泊で道の駅巡り

準備から楽しい!車中泊の魅力

車中泊って、なんだかわくわくしますよね。狭い車内に自分の好きなものを集めて積んで寝泊まりして過ごす…秘密基地を作った子供の頃を思い出します。どうすれば、快適に過ごせる空間にできるか考えるのも楽しいですよね。まずは外から見えないようにするための遮光カーテンをつけ(安く済ませたい場合は、見た目は劣りますがアルミ発砲断熱シートを窓に合わせてカットしてはめると代用できます。)、後部座席を倒して、快眠するためのふかふかの布団を敷き、ランプ(電球タイプが安全です)でぼんやりと車内を照らし、小さなテーブルを持ち込んでご飯を食べたり、トランプしたり…想像するだけでウキウキしますよね。起きたらすぐに出発できるのも魅力です。海の側の車中泊できる公園や道の駅に車中泊すると、朝起きて車のドアを開けた途端、美しく輝く水面が見え、さわやかな海風を感じることができ、とてもさわやかな気分で一日をスタートできます。

二度おいしい!車中泊

車中泊をすると、基本宿泊費が無料です。(場所によっては車中泊を禁止していたり、車中泊代がかかる駐車場もあります)浮いた分の宿泊費を各地の道の駅で、特産品を食べる、お土産を買うなどに充てることが出来ます。旅館やホテルに泊まると一泊一万円程だとすると、その分でご当地高級牛肉や、うに丼など、普段食べられない高級グルメを食べてみるのもいいですよね。車中泊自体楽しいのに、おいしいグルメまで食べられるなんて二度おいしいですね!注意点としては、女性が夜にトイレに行くなどで車から降りるときは、出来るだけ男性に付き添ってもらうなど、一人で行動しないようにしましょう。また、小さめの車での車中泊での連泊は体調を崩す恐れがあるので、途中でホテルや旅館に泊まる日を作るなど、無理なく車中泊を楽しみましょう。

キャンピングカー