イタリアへ行ったらぜひ訪れてみたい、世界遺産の村「チンクエ・テッレ」

「チンクエ・テッレ」とはどんな所!?

遺跡や美術館、そして豊かな自然と沢山の見どころや観光スポットが目白押しのイタリアですが、その中でも最近特に人気が高まってきているのが、「チンクエ・テッレ(Cinque Terre)」。イタリア語で「5つの土地」を意味するこの地方は、北イタリア・リグーリア海岸の険しい断崖に位置する5つの村々からなります。1997年に世界遺産に登録されたことから注目を浴びるようになりましたが、それまでは交通機関もほとんどなく断絶され、海から船でアクセスするしかない陸の孤島でした。現在では電車が通って村までいけるようになりましたが、他の観光地からのアクセスがあまりよくないので日本から訪れる人はまだ少ないようです。チンクエ・テッレへは唯一の交通機関である電車を利用するほか、船で海から村を観光する周遊船も人気があります。

5つの村それぞれが魅力あふれるチンクエ・テッレへ!

チンクエ・テッレの魅力は、リグーリアの美しい海岸の風景と、海岸の崖の中に立ち並ぶカラフルで絵本のような家々の織り成す景観にあります。そしてリオ・マッジョーレをはじめとするチンクエ・テッレの5つの村にはそれぞれ独自の特徴や魅力があり、それも訪れる人を魅了するポイントとなっています。電車が開通する以前は、陸路から村々をつなぐのは崖の中の細い小道しかありませんでしたが、現在ではこの小道はトレッキングコースとして人気があります。中でもリオ・マッジョーレからマナローラへの約1kmの道は「愛の小道」として人気のスポットとなっていて、カップルが多く訪れる場所として知られています(2016年時点では一部閉鎖中)。そのほか、「シャケトラ(Sciacchetra’)」と呼ばれるこの地方独自のワインなどチンクエ・テッレにはグルメも豊富!まだ日本ではあまり知られていないチンクエ・テッレ。ぜひ一度訪れてみることをオススメします。

世界旅行博

日本にも信じられない世界が!旅行しよう!

日本の何処かへ旅行するなら!

日本の何処かに旅行しに行きたいと考えている、そこの奥様!もしくはお父さん!海外を検討しているならばちょっと待って下さい!といきなり図々しい事を言ってしまいますが、海外も有りです。しかし、日本全国にも色んな歴史があります。大阪であれ、京都であれ、北海道でも沖縄でも、国は国です。国であるという事は歴史があります。どの都道府県、すべての場所に何か素晴らしいものがあります。海外は言葉を覚えなければならない、異文化に触れる事と、全く違う世界に足を踏み入れる事になりますから、実はリスクがかなり大きいのですね。日本全国の多くは「日本の文化、日本の常識」がありますから、馴染みやすいところがあります。海外に否定はないですが、日本国内もオススメです。

日本全国にイワクもあれば良い面もある。

日本国内、日本全国どこでも歴史がありますが、イワクもあります。「恐いもの見たさ」という興味、欲求は人間だれしもあります。たまには肝試しをしてみるのも、観光や旅行をするにあたって、一種の楽しみになる事でしょう。イワクも時には楽しいスリルになりますから、ほどほどのスリルは必要でしょう。どの市町村にも必ず歴史とイワクはあります。良い面と良くはない面の両方を見ていくとあたらしい発見がありますから、オススメしたいですね。「深入りは禁物」です。理解するあたりがちょうど良いのですね。東京は実はホラーがたくさんあります。有名な東京タワーもそうですが、東京都内は色んな話があります。夏は熱いですから、肝試しはクールダウンになります。

余暇

景色が最大の魅力になっている!?電車で行う旅行

変わる景色を見ることができる

電車を利用した旅行を行えば、想い出に残る旅とすることができます。電車は、周りの景色をゆったりとした気分で眺めながら乗っていることができます。旅行地に行くまでに様々な景色を見ることができ、その美しさに感動できるようになるのです。電車に乗っていることで、都市部から田舎の田園風景、自然なままの海や川まで見ることができ、感動できるでしょう。また、電車の旅では、同じく乗っている人たちと交流を深めることもできます。地元の人に話を聞くことで、思いがけない観光地を知ることができたり、同じ旅行者と情報の交換を行えるようになるのです。人と触れ合いを持つことにより、広い視点でものを考えることが可能になってくるでしょう。

寝台特急に乗ってみよう

電車は、一般車両の他に寝台特急も存在しているので、ゴージャスな旅を楽しむことができます。寝台特急は、それぞれに特徴を持っており、快適に旅が行えるような配慮がなされています。まず、車内にはそれぞれに個室が用意されているので、泊まるときにもプライバシーを確保することができるのです。個室が用意されていれば、家族や友人、恋人と泊まるときにも他の人に邪魔されてしまうことはありませんね。また、車両によって、豪華な家具を設置していたり、木材を使ったインテリアなど特徴もあるため、快適な状態で過ごしていくことができます。直接観光地を見てまわることがなくても、寝台特急に乗っているだけで楽しい旅行を楽しめるでしょう。

放浪

準備が大切!旅を楽しいものにする情報の下調べ

グルメの料理店情報を旅行前に確認

旅行を最大限に楽しむには事前の準備が欠かせません。旅行先で事前にチェックしておきたいのが、どのような料理店があるのかですね。旅行の楽しみで欠かせないのがグルメです。旅行先には現地ならではのグルメを楽しむ事ができます。しかしお店によっては、あまり目立たないような場所にあることも多く、いざ探してみたものの見つからないという失敗が珍しくありませんね。事前にお店の場所やメニューの内容などを確認すれば、旅行の時間を無駄にしなくて済むでしょう。ただし限られた旅行のスケジュールの中で、気になるお店を全て巡るというのは現実的に難しいです。そこで優先順位をつけて、厳選してお店を選ぶのが旅行がうまくいくコツです。

旅行先の交通機関は事前のチェックが大切

旅行では交通機関を利用して移動を行う事になるでしょう。そこで旅行に出掛ける前に、駅などの場所や運行状況などを下調べすると旅先での移動がスムーズにできますね。鉄道の路線図を確認していると、旅行先での行きたい場所にすぐに足を運べますよ。また料金表も確認しておけば、交通費がいくら移動のために掛かるのかがよく分かります。旅行先ではタクシーを使う事もあるため、現地ではどの程度の料金相場であるのか確認を済ませておくと安心でしょう。タクシーの運転手は現地の観光やグルメの情報を良く知っているため、利用してみる価値があります。観光産業が盛んな旅行先であれば、タクシーの運転手が観光案内を行ってくれるかもしれませんね。

バカンス

荷物を窮屈にしない為に!着替えで持ってゆく衣服の調整方法とは?

今なら旅行先で洗濯出来る施設は幾らでもある!

特に汗を大量にかき易い夏場や衣服を汚す可能性の極めて高いアウトドアレジャーを始め、旅行に出来るだけ多くの着替えを持って行き安心したいという気持ちは良く分かります。ですがそれも度を超すと替えの衣服だけで他のスペースを圧迫してしまい、荷物がパンパンになってしまいますよね。そこまで神経質にならなくとも大丈夫。今や大抵の宿泊施設にはコインランドリーが併設されていますし、旅行先の街中にも安価なコインランドリー施設は幾らでも見付かるでしょう。これらを上手く活用すれば、持ってゆく着替えを最小限で済ませる事が出来るもの。また最近のコインランドリーは靴専用の洗濯機を備えているケースも多く、それらを上手く活用すれば旅先で靴が汚れてしまった時でも安心ですよね。

汚れ易い下着は最悪現地で購入するという手も・・

それでも旅先のエリアで思う様にコインランドリーが見付からず、特に汚れ易い下着の替えが底を尽きそうで心配というケースも出てくるでしょう。そんな時は無理をせず、旅の道中にコンビニエンストアがあれば迷わず入店し、そこで替えの下着を数セット追加購入してしまうという方法もあるのです。コンビニの下着は安価ですから財布も痛みませんよね。また地方の郊外には大手の大衆向けアパレルブランドの大型店舗が出店しているケースも結構あり、気付いたらそれらを利用し下着をまとめ買いしてゆくという手もあります。もちろんこれらの方法には車やバイクといった自由な交通手段を持ち合わせている事が条件。鉄道やバスを利用する旅行なら、予め不足しそうな下着の数量を早めに見積もっておき、旅の拠点となる都市のコンビニで手早く調達してしまうのがベストでしょう。

旅芸人

一時を他の土地で過ごす…そんな旅行へ出掛けよう!

旅行と言ってもいろいろある!

一概に旅行と言っても目的や動機、移動手段なども含めると様々な旅行があります。修学旅行や商用旅行、慰安旅行や研修旅行など、目的のために行う旅行もあれば、新婚旅行や卒業旅行、傷心旅行など行事や動機として行う旅行もあります。徒歩、自転車、オートバイ、ヒッチハイクなど旅の移動手段は様々です。自動車で行く旅、鉄道旅行、船旅…数えたらキリがないほど旅行の種類は豊富だと言えるでしょう。旅の目的はバカンスだったり、自分探しの旅であったり、旅は人それぞれにあるものです。知らない土地や遠く離れた地域へ旅行することは、とても楽しいものです。そして快適な旅を行うためにはそれなりの準備が必要となりますが、私物を旅行先で失くしてしまったり、置き忘れてしまうこともよくあることです。中でも最も気を付けなければならないことは、お金ではないでしょうか。お金がなければ宿賃も払えませんし、旅行を続けることもできなくなるでしょう。現金だけでなく、クレジットカードなども失くさないように厳重に管理するように心掛けたいものです。

旅行することでプラスになること!

美しい砂浜のある海に出かける人もいれば、澄んだ空気を求めて山登りに行く人もいます。有名な観光スポットで景色を楽しんだり、お土産を買ったりするのも、旅行の醍醐味と言えるでしょう。旅行に行く準備の段階から、楽しみで楽しみで仕方がないという人は多いはずです。旅行は楽しいだけではなく、人生の勉強にもなります。旅行することで得られることは、ストレス発散、文化交流、人との出会いなどが挙げられます。旅行をすればするほど、いろいろな経験を得ることができるでしょう。旅行をするにはまずは資金集めです。旅行にはお金がかかりますから、金銭面においても余裕がなければできません。そういった意味でも旅行は最高の贅沢と言っても過言ではないでしょう。

観光協会

意外と知られていない!沖縄の穴場スポット

隠れ家のような新原ビーチ

沖縄と言ったらやっぱり海ですよね。シーズン中はどこに行っても人が多く、せっかく沖縄に来たのに思いっきり楽しめなかったという方も多いのではないでしょうか。那覇空港より車で40分、南城市玉城百名にある新原(みーばる)ビーチは、そんな方におすすめしたい隠れ家的スポットです。地元の人しか知らないのではと言われるビーチで波も比較的穏やか、子連れでも安心して楽しむことができます。大きな岩が所々にあり、まさに沖縄のビーチという場所です。バナナボートやマリンジェットなどのマリンスポーツは夏場、海の中を観察できるグラスボートは1年中楽しめます。カクレクマノミやチョウチョウウオなど、沖縄ならではの色鮮やかな魚を観ることができ、予約は必要ありません。

パワースポットとして知られる大石林山

沖縄に山なんてあるの?と思いますよね、実はあるんです。沖縄の魅力は海だけではありません。沖縄本島北部の国頭村字辺戸にあり、琉球最古・最大の聖地である安須杜と呼ばれる山々を散策できるスポットです。全長1,000mの巨石・石林感動コースと亜熱帯コース、全長700mの美ら海展望台コース、全長600mのバリアフリーコースの4つの散策コースがあり、どのコースも30分程で回ることができます。木のスロープで道幅が3mと広く、子どもや高齢者、車いすの方でも安心して利用できるバリアフリーな作りです。3回くぐると新しく生まれ変わる輪廻生まれ変わりの石や、骨盤の形をしていて触れることで体調を整える骨盤石などがあります。子宝に恵まれない方は骨盤石に触れた後、生まれ変わり石を3回くぐると子宝に恵まれると言われています。沖縄北部は美ら海水族館やビーチなどに行きがちですが、大石林山もおすすめですよ。

旅行

一人旅がしたい!初めてでも快適に旅行するには?

ツアーなら一人旅でも安心!

旅行が好きという方の中には、一人旅がしてみたいと考えている方もいらっしゃると思います。仲の良い友人同士で行く旅行も楽しいものですが、のんびりと買い物やおいしい物を食べたり、エステでリラックスなど一人で楽しむ旅行に憧れている方も多いのではないでしょうか。しかし、一人旅をするのが初めてで、しかも旅行先が訪れたことが無い海外だと何かと不安ですよね。また、一人旅だと何から何までやらなければならないので大変です。そこでおすすめなのが一人旅のツアーに参加する方法です。ツアーならホテルやチケットの手配はもちろん、観光地めぐりの最適なプランも立ててもらえるので、国内外問わず安心して快適に一人旅を楽しむことが出来ますよ。

一人旅ツアー選びの注意点と探し方

一人旅のツアーには、一人で参加OKの一般の旅行ツアーに参加する方法と、一人旅専用ツアーに参加する方法があります。前者は基本2名で一部屋の利用になっている場合が多く、一人で参加の場合は費用が高く付く場合があるので注意が必要です。後者は一人だからと言って料金が割高になるということがありませんし、ツアー客全員が一人参加という安心感もありますし、ツアー参加をきっかけに交流が始まることもありますよ。また、同じ行き先の一人旅ツアーでも、旅行社によって日程や料金やツアー内容が異なりますので、出来るだけ多くの旅行社の一人旅ツアーを比較して、最適な一人旅ツアーを選ぶようにするのがおすすめです。探す際には一人旅ツアーの検索サイトを利用すると便利ですよ。

観光

意外と簡単にできる?海外個人旅行で自由な旅を!

個人旅行は自由な旅ができる!

ツアーで行く海外旅行は添乗員さんもついていて、旅行中安心していられるところが良いですよね。ただ、自分の好きなところを巡りたいとか、時間の制約を気にせずじっくり一つ一つの観光地を回りたいという人には、自由度が高い個人旅行がおススメになります。初めて海外個人旅行をする場合、いろいろ分からないことも多いでしょうが、最近では旅行会社も個人旅行向けのアドバイスをしてくれる場合が多く、意外と気楽に個人旅行できます。海外に行く場合、まず考えなければならないのは飛行機のチケットの手配ですが、目的地と希望の日程を伝えれば旅行会社が候補となる便を紹介してくれます。また、インターネットを使って直接航空会社から購入することもできますよ。

宿泊ホテルの手配さえしておけば安心!

航空券さえ手配してしまえば、あとは宿泊先の確保です。個人旅行に慣れない人では、基本的にホテルは日本で予約しておくほうが安心ですよ。旅行会社にお願いすれば希望に沿ったホテルを紹介してくれます。最近では、世界中のホテルを予約できるサイトがあり自分で調べて予約する方法もあります。海外のホテルは、星の数で表したグレードがついていることがほとんどなので、それを参考にすると良いでしょう。また、インターネットの地図サイトを利用して、ホテルの位置を確認すると大体の雰囲気をつかむこともできますよ。航空券とホテルを確保すれば、大抵の場合困ることはないです。あとは自分の行きたいところに応じて、現地での移動手段の確認や、必要があれば鉄道チケットの予約などすると良いでしょう。

タビマスターズ

旅行先で困らないための備え!簡単でも効果が大きな準備

旅先での天候の変化に雨具が活躍

旅行先では何が起きるか分かりません。どのような事が起こっても対処ができるよう、必要最小限の備えは必要でしょう。旅行先に必ず持っていきたいのが雨具ですね。場所や季節によっては、急速に天候が変化するといったことは珍しくありません。さっきまで晴れていたのに、急に雨が降るといった経験を持つ人もいるでしょう。旅行先ですぐに雨具が見つかるとは限りません。雨でずぶぬれになってしまうと旅行どころではないですね。そのため折り畳みの傘やあるいはレインウェアは、カバンに入れておけば安心です。晴れているからと過信せず、雨具は旅行先で必ずいつでも持ち歩くよう心掛けたいです。最近ではコンパクトでかさばらない雨具の製品が増えているため、荷物が邪魔になりません。

情報収集がはかどるグッズを旅行で持参

旅行先では現地の情報を収集する手段が限られます。そこで情報収集の手段を旅行先でも確保できるよう準備すると、旅行先での行動に何らかの手掛かりが得られますね。手軽な情報収集アイテムとして活用できるはラジオでしょう。ラジオは安価でしかも入手が簡単です。旅行先でFM局が開設されていれば、現地情報を知る手掛かりになります。観光地であれば旅行先の役立つお得な現地情報も、ラジオから得られるかもしれません。またスマートフォンも旅行先の情報収集に活躍してくれるでしょう。旅行についての調べ物はインターネットが便利です。旅先でのショッピングスポットやグルメスポットも、スマートフォンから検索すると詳しい情報を手に入れられます。

旅行写真